加齢臭の原因をまずは知ろう

加齢臭は俗にオヤジ臭などと言われ40歳台から徐々に臭いを放ちだす。

加齢臭のニオイの原因の体臭成分はノネナールである。このノネナールという成分、万民みんなが嫌うようなニオイを醸し出す。もしもこのニオイが心地よいものであったら皆が加齢臭を好きになり、このような加齢臭問題も生まれなかったのだが。しかしながらこの加齢臭というものは誰が臭っても嫌になるからオヤジたちを悩ますのだ。そもそも加齢臭が臭いのは当然で、ノネナールは、毛穴の奥の皮脂腺から分泌されるパルミトオレイン酸(脂肪酸)が酸化したり、表皮のバクテリアが発酵してできるニオイ成分なのだから。

40歳を超えた男性の一番加齢臭がキツイのは首の後ろの襟元だそうです。自分のシャツの襟の部分や枕の加齢臭をチェックしてみよう、加齢臭がこびりついてないでしょうか。
しかしどうして加齢臭の元であるパルミトオレイン酸を分泌するのは男女とも同じなのにどうして男性だけが加齢臭を放ちだし、加齢臭を放っている女性は少ないのでしょう。

それは、男性のほうが女性より皮脂の分泌が多いのでパルミトオレイン酸の分泌も多くなってしまうため。男性は通常パルミトオレイン酸の分泌は40歳前後から急増するとされているので、30代ではまだ臭わないが、40歳を過ぎてくると突然に加齢臭を放ちだすようになってくる。女性に加齢臭問題が出にくいのには、もう一つ大きな要因があります。それは、パルミトオレイン酸の酸化を促す活性酸素を抑制してしまう機能です。
大半の男性は40歳を過ぎると加齢臭がでてくるのでしっかり対策を練りましょう。加齢臭対策グッズはけっこうたくさん出ているので自分に合ったものが見つかるはずです。

タグ:加齢臭

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。